CRYPTO-OTAKU ビットコイン・サトシナカモトのホワイトペーパー和訳【4.Proof-of-Work(プルーフ・オブ・ワーク)】 | CRYPTO-OTAKU

ビットコイン・サトシナカモトのホワイトペーパー和訳【4.Proof-of-Work(プルーフ・オブ・ワーク)】

仮想通貨

Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System
(ビットコイン:ピアツーピア(P2P)電子マネーシステム)

4. Proof-of-Work(プルーフ・オブ・ワーク)

To implement a distributed timestamp server on a peer-to-peer basis, we will need to use a proof-of-work system similar to Adam Back’s Hashcash [6], rather than newspaper or Usenet posts.
(P2Pベースの分散型タイムスタンプ・サーバーを実装するには、新聞やUsenetというよりはアダム・バックのハッシュキャッシュに似た、プルーフ・オブ・ワークシステムを使用する必要があります。)

The proof-of-work involves scanning for a value that when hashed, such as with SHA-256, the hash begins with a number of zero bits.
(プルーフ・オブ・ワークには、SHA-256のような、ハッシュ化された時に0ビットの番号で始まるハッシュ値のスキャンが含まれる。)

The average work required is exponential in the number of zero bits required and can be verified by executing a single hash.
(必要な平均作業量は、必要な0ビットの数の指数関数であり、単一のハッシュを実行することで検証できます。)

For our timestamp network, we implement the proof-of-work by incrementing a nonce in the block until a value is found that gives the block’s hash the required zero bits.
(タイムスタンプ・ネットワークでは、ハッシュ化の際に要求される0ビットを与える値が見つかるまでの間、データブロックにワンタイムパスワードを足すことでプルーフ・オブ・ワークを実現している。)

Once the CPU effort has been expended to make it satisfy the proof-of-work, the block cannot be changed without redoing the work.
(一度プルーフ・オブ・ワークを満たすべくCPUパワーが費やされると、この作業をやり直さない限りそのデータブロックを変更することはできない。)

As later blocks are chained after it, the work to change the block would include redoing all the blocks after it.
(その後のデータブロックもチェーン化されて後に連なるため、該当ブロックを書き換えようとするならば、それ以降の全てのブロックを書き換えなくてはならない。)

スクリーンショット 2021-06-15 0.13.53

The proof-of-work also solves the problem of determining representation in majority decision making.
(このプルーフ・オブ・ワークはまた、多数決で意思決定をする際の代表をどうするかという問題を解決する。)

If the majority were based on one-IP-address-one-vote, it could be subverted by anyone able to allocate many IPs.
(もし1IPアドレスにつき一票としたならば、多くのIPアドレスを取得できる者は誰でもシステムを乗っ取ることができてしまう。)

Proof-of-work is essentially one-CPU-one-vote.
(プルーフ・オブ・ワークは原則的に1CPUにつき一票である。)

The majority decision is represented by the longest chain, which has the greatest proof-of-work effort invested in it.
(多数決の意思決定は、最も多くのプルーフ・オブ・ワークの労力が費やされたことを示す最も長いチェーンによって表される。)

If a majority of CPU power is controlled by honest nodes, the honest chain will grow the fastest and outpace any competing chains.
(CPUパワーの過半数が良心的なノードによってコントロールされるとき、その良心的なチェーンは他のどのチェーンよりも早く成長する。)

To modify a past block, an attacker would have to redo the proof-of-work of the block and all blocks after it and then catch up with and surpass the work of the honest nodes.
(過去のデータブロックを書き換えるためには、攻撃者はそのブロックのプルーフ・オブ・ワークだけでなくその後に続くプルーフ・オブ・ワークを書き換え、さらに良心的なチェーンに追いつき、追い越さなければならない。)

We will show later that the probability of a slower attacker catching up diminishes exponentially as subsequent blocks are added.
(低速の攻撃者が良心的チェーンに追いつく可能性は、後続のブロックが追加されるごとに指数関数的に減少していくことをのちに説明する。)

To compensate for increasing hardware speed and varying interest in running nodes over time, the proof-of-work difficulty is determined by a moving average targeting an average number of blocks per hour.
(加速するハードウェアスピードと長期的に変動する利益レートに対応するために、プルーフ・オブ・ワーク算出の難易度は、一時間ごとのブロック数を一定の平均値に保つことを目指す平均移動によって決定される。)

If they’re generated too fast, the difficulty increases.
(ブロック算出のスピードが速ければ速いほど難易度が増す。)