ロゴ

仮想通貨とブロックチェーンとは?無料で学習ができる「PoL(ポル)」を使ってみた

仮想通貨

こんにちは。筋トレと仮想通貨オタクのマサキン(@masax420)です。

仮想通貨(暗号資産)やブロックチェーンに興味があるけど何から勉強すれば良いのかわからないという方は多いはず。今回は「PoL(ポル)」という仮想通貨(暗号資産)やブロックチェーンを無料で学習することができるオンライン学習サービスを利用したので紹介します。

✔️「PoL(ポル)」の特徴

  • 無料で仮想通貨・ブロックチェーンの基礎が学習できる
  • 学びながら独自トークン(PoLトークン)がもらえる
  • 「仮想通貨(暗号資産)」「ブロックチェーン」の他に「仮想通貨の税金について」「ブロックチェーン活用事例」「英語コース(有料)」の学習も可能

PoL(ポル)とは

PoL(ポル)」とは、2018年11月に株式会社techtecがリリースしている、無料で始められる仮想通貨・ブロックチェーンのオンライン学習サービスです。2019年6月13日から「学習するほどトークンがもらえる」PoLトークンをリリース。

PoLのカリキュラムを学習するほど、PoLトークンが獲得できます。これを「Proof of Learning」と呼び、「学習量による知識の証明」と定義しています。

引用元:PoLトークンについて(公式)

PoL(ポル)で学習をはじめる

上記のように各カリキュラム「仮想通貨」「ブロックチェーン」「ブロックチェーン応用」「英語コース(有料)」「ライターコース」から学習したい項目を選択します。さっそく左上の「仮想通貨」から学習を開始しました。

仮想通貨の基礎的な内容から、仮想通貨のウォレット、取引所、マイニング、日本の規制に関する内容など幅広い知識を得ることができます。まったく知識がないゼロの状態からでもイチから順番に細かく解説しているため非常に学びやすく感じました。

各レッスンのあとに確認テストが用意されており、テスト結果によりPoLトークンが獲得できます。レッスンの冒頭にクリプト豆知識という箇所があり、ここで簡単なクリプトの豆知識も手に入ります。

獲得したPoLトークンが使える場所

PoLのカリキュラムで獲得した「PoLトークン」は、2020年4月1日より有料カリキュラムで使用することができるようになりました。(現在は有料の英語コースで利用可能)

現在、無料で学習ができるカリキュラムは「仮想通貨」「ブロックチェーン」「ブロックチェーン応用」「ライターコース」です。これらのカリキュラムで学習し、確認テストの結果により獲得したPoLトークンは「英語コース(有料)」で利用ができるようです。(1PoLトークン=1円換算)

仮想通貨のカリキュラム(計37レッスン)を終えた僕の場合は、現在867PoLトークン(円換算:867円)を獲得することができました。

カリキュラム修了証の発行

カリキュラムを全て受講すると、「カリキュラム修了証取得テスト」が用意されています。テストに合格するとPoLが公式に認定する修了証を取得することができます。(上記画像)

ちなみに1つのカリキュラムにつき980円(税抜)で発行が可能です。この支払いにPoLトークンの利用も可能です。

引用元:仮想通貨カリキュラムの修了証を取得しよう(公式)

仮想通貨(暗号資産)やブロックチェーンに少しでも興味がある方は、無料で学習ができるPoL(ポル)を利用することをおすすめします。学習するほどPoLトークンが獲得ができるため一石二鳥ですね。

獲得したPoLトークンを利用し、英語コース(有料)の受講に充てたり、今後のさらなるサービス拡大のために今から無料でPoLトークンを獲得してはどうでしょうか。