CRYPTO-OTAKU Djnagoのデータベース設定を、【PostgreSQL】に変更する方法 | CRYPTO-OTAKU

Djnagoのデータベース設定を、【PostgreSQL】に変更する方法

プログラミング

こちらの記事では、Djangoのデータベース設定を【PostgreSQL】に変更する方法を解説しています。

Djangoのデータベース設定は、「setting.py」の中にある「DATABASES」という辞書変数に記述されています。

  • プロジェクト名/settings.py

デフォルトでは【SQLite3】を使う設定になっています。

DATABASES = {

         'default': {

               'ENGINE': 'django.db.backends.sqlite3',

               'NAME': os.path.join(BASE_DIR, 'db.sqlite3'),

         }

}

ここの部分を【PostgreSQL】に変更するために記述内容を書き換えていきます。

DATABASES = {
         'default': {
                'ENGINE': 'django.db.backends.postgresql_psycopg2',
                'NAME': '<データベース名>',
                'USER': os.environ.get('DB_USER'),
                'PASSWORD': os.environ.get('DB_PASSWORD'),
                'HOST':'',
                'PORT':'',
         }
}

「NAME」には接続するデータベース名を書きます。

「USER」と「PASSWORD」はデータベースを作成したときのユーザーとパスワードを指定します。PostgreSQLをインストールした時に自動生成されたスーパーユーザーとそのパスワードを指定します。

※注意点
・ソースコードにユーザ名やパスワードなど機密情報をい直に書くことは、ソースコードが流出した時点で内部ロジックが判明するだけでなく、アクセスキーまで渡してしまうことになってしまいます。機密情報はソースコードと分けて管理するように注意が必要です。