ロゴ

「MetaMask(メタマスク)」ウォレットの導入方法を解説【カンタンに作れます】

仮想通貨 投資

こんにちは。筋トレと仮想通貨オタクのマサキン(@masax420)です。

今回は、「メタマスク(MetaMask)」というイーサリアム(およびERC20準拠トークン)のウォレットの導入方法を解説します。グーグルクロームのアプリで動作するウォレットのため使い勝手もよいですね。

  • 取引所ではなく個人のイーサリアム(およびERC20準拠トークン)専用ウォレットをこれから使いたい方へ参考となります。

では、みていきましょう。

メタマスク(MetaMask)の導入(パソコンver)

1.はじめに公式ページ(こちら)へ入り、「Download」を選択します。

2.上の画像「Chrome」にチェックし、「Install MetaMask for Chrome」を選択します。

3.Get Started」を選択します。

4.はじめてウォレットを作るので、右側の「Creat a Wallet」を選択します。

5.I agree」を選択します。

6.パスワードを設定しましょう。入力が終わったら「作成」を選択します。

つぎの画面でバックアップ用の「12個のシード」が発行されます。メモをして大切に保管しましょう。

7.前のページで表示された「シード」を同じ順番で並べます。

8.間違いなく入力が終わると、上の画面が表示されます。ここまでで「メタマスク」の導入が完了です。お疲れ様でした。

メタマスク(MetaMask)の導入(スマホver)

1.公式ページ(こちら)から「メタマスク(MetaMask)」のアプリをインストールします。

2.インストールが完了したら「Get started」を選択します。

3.ログイン時のセキュリティのためのパスワードを設定します。※最低8ケタです。

4.パスワードの再入力をします。

5.次にバックアップ用の「12個のシード」が発行されます。忘れないようにメモに残しておくことをオススメします。準備ができたら「Start」を選択します。

6.View」をタップすると表示されます。メモが終わったら、次の画面でシードを順番に入力していきます。

7.間違いなく「シード」の入力が完了すると、最後のページで上の画面に切り替わります。ここまででメタマスクのウォレットの作成は完了です。お疲れ様でした。