ロゴ

Uniswap(ユニスワップ)の流動性供給(プール)をしながらアルトコインをガチホ【年利100%】

仮想通貨 投資

どうも、筋トレと仮想通貨オタクのマサキン(@masax420)です。

現在、保有している一部のアルトコイン(ETH、Uniswap、YFI )を「Uniswap(ユニスワップ)」の流動性供給(プール)を開始してから約1週間が経過します。

実際に、Uniswapで流動性の供給をしているイーサとアルトコインペア(UNI-ETH、YFI-ETH)では、どのぐらいの報酬を受け取ることができるのか?こちらの内容をシェアしていこうと思います。

Uniswap(ユニスワップ )について、及びプール(流動性供給)のやり方は下記の記事をご参考ください。

  • これからUniswapで流動性供給(プール)を検討している方へ参考となります。※仮想通貨(暗号資産)は急激な価格変動によりプール中の資産の目減りの可能性は大いにあります。そのため基本的に長期保有がおすすめです。

Uniswap流動性供給ランキング

上記は流動性供給(プール)の通貨ペアランキングです。(2020年10月4日時点)

現在、6番目と11番目に供給量が多い通貨ペア(UNI-ETH&YFI-ETH)で流動性の供給をおこなっています

右端のパーセンテージが、現在の需給関係による、年間の想定利回りになりますが、こちらは需要と供給のバランスで常に変化しています。(確定している数字ではありません)

ご覧の通りUNI-ETHのペアは現在の年間想定利回りは+22.5%です。YFI-ETHのペアは現在の年間想定利回りは+133%と高いですね。

これらUNIとYFIそれぞれのアルトコインの通貨ペアを選択したポイントは長期保有を目的としている通貨でプールすることです

UNI-ETHペアのプール

「約1,000ドル分のUNI-ETHペア(1:1)」に関しては、9月23日にプールを開始してから現在10月4日までの8日間で計15.54ドルの報酬となります。※9月30日は一時的にプールを解除したためグラフ上は一時的に0ドルとなっています。

約1,000ドル分の流動性の供給(プール)に対して、1日あたり平均約1.95ドルの報酬を受け取ることができています。このままのペースでいけば1ヶ月に約60ドル弱の報酬が期待できます。


現在レートは1週間前に比べて約20%の下落中

しかし各通貨の下落により、プールしている資産が、プール報酬以上に下落する可能性(現在その状況)はあります。そのため長期で保有を目的とし、大幅な下落にも耐えて保有できるアルトコインで流動性の供給をすることがよいです。

YFI-ETHペアのプール

「約3,000ドル分のYFI-ETH(1:1)」に関しては、9月28日にプールを開始してから現在10月4日までの5日間で計58.96ドルの報酬となっています。

1日あたり約11.8ドルの報酬を受け取ることができています。このペースで1ヶ月間続くことになると、約350ドルの報酬を受け取ることができます。月利換算にすると約10%ちょっとと高利回りで運用することができます。


現在レートは1週間前に比べて約40%の下落中

ただしUNI-ETHペアと同じく、各通貨の下落により、プールをした際の資産価値より現在の資産価値は目減りしているのが現状です。そのため長期で保有を目的とし、大幅な下落にも耐えて保有できるアルトコインで流動性の供給をすることがよいです。

価格変動損失(Impermanent Loss)のリスク

ここまで流動性の供給(プール)による報酬についてお伝えしましたが、1点注意する部分があります。価格の変動による損失リスク、「価格変動損失(Impermanent Loss)」です。

流動性の供給(プール)は、トークンのペア2種類を、価格が1:1の割合で提供する必要があります

「ETH-YFI」で考えると、「現在値1ETH=370ドル」を1ETH分をプールする場合、「現在値1YFI=16,700ドル」のYFIを約0.0221YFI分を1:1の価格割合でプールする必要がありますね。1ETH-0.0021YFIとなります。

50:50の割合でプールする場合は、引き出すときもそれぞれ50:50の割合で引き出すことになります。

どちらか一方のトークン価格が暴騰や暴落により、もう片方のトークンは連動して数量が変化します。(50:50の割合になるように)

流動性の供給による報酬(手数料収入)を加味した損益と、そのまま保有している状態による損益の差が価格変動損失(Impermanent Loss)となります。

一部の長期保有している通貨でプールする

僕の投資方針は、現物の長期保有(ガチホ)です。短期間の下落による資産価値の減少はあまり気にせずしっかりとホールドしていくことを考えています。

Uniswapのハッキングリスクなど最悪のケースも考えて、保有しているコインを全てはプールせず、一部の保有コインでプールするのがよいでしょう。

今後の仮想通貨(暗号資産)市場の拡大、未来を考えると、長期保有で最大限のリターンを狙うことが得策だと僕は考えます。