ロゴ

【MUP WEEK12】Google集客スキルの理解【SEO対策】

MUPカレッジ

こんにちは。マサ筋(@masax420)です。

今回のトピックは【Google集客スキルの理解】となります。

前回の【MUP WEEK11】企画設計スキルを身に付ける【事業計画書】に続き、

今回は【Google集客スキルの取得】です。

では、さっそく本題に入りましょう!

まずはじめに『Googleで検索順位の上位』を狙うには、

  • ユーザー第一の情報を掲載することが重要です。
    (ちなみにSEO対策とはGoogleからどう評価を受けるかではなくユーザーにどう評価を受けるかが重要)

ユーザー目線の3つのポイント

専門性(Expertise):コンテンツを作る人に専門知識があること。

・専門性=内部リンクが多いこと(専門的にある分野に特化したwebサイト、特化サイト)

権威性(Authoritativeness):コンテンツを作る人やWebサイトが、そのジャンルの権威であること。

・権威性=この人の言うことなら信じる!と誰もが認めるwebサイトのこと。同カテゴリーに対して被リンクや引用が行われていること。

信頼性(Trustworthy):コンテンツを作る人やWebサイトが、信頼できること。

・信頼性=特商法の徹底、更新頻度、直検流入数

さらにGoogleの検索カテゴリーの中で特に重要な分野は【YMYK(Your Money Your Life)】です。
↪︎ショッピングまたは金融取引ページ、財務情報ページ、医療情報ページなど。

◆サイト全体構図(サービスの場合)

LP(サービス紹介ページ)は人々のマインドの軸ごとに作るべきです。(カテゴリー毎のLP)

例えば・・・『低価格LP』と『安全性LP』

さらにLP(ランディングページ)のカテゴリーに合わせてそれぞれの記事を掲載する。

『低価格LP』・・・自社価格、価格比較、市場価格
『安全性LP』・・・自社安全性、安全性比較、危険性

✔️SEOで上位表示するには独自ドメインを取得することが重要です。

記事制作順序(ロングテールKW把握)

  • ビッグキーワード:検索数は多いけどコンバージョン数が少ない
  • ロングテールキーワード:検索数は少ないけどコンバージョン数が高い

・ビッグキーワードとは、「ダイエット、塾、旅行」など
・ミドルキーワードとは、「ダイエット 口コミ」「塾 個別指導」「旅行 格安」など
・スモールキーワードとは、「ダイエット 口コミ サプリ」「塾 個別指導 横浜」「旅行 格安 羽田空港」など

✔️スモールキーワードを狙うことがSEO対策の勝ち筋になってきます。

記事制作順序(ペルソナ設定)

売りたい商品やサービスに対して、お客さんがどのように興味があるのか?はわからないと思います。

しかしあなた自身がお客さん=ペルソナ(ユーザー像)になりきってみることで、商品に対する記事のキーワードが見えてきます。

記事使用KWの選定方法

・Googleのサジェストを参考にキーワードを選定していきます。サジェストをさらにマイクロキーワードにしても良いです。

記事構成と必要要件

  • 1)6W2Hで整理する(要素洗出・構造化)
  • 2)タイトルを決める
  • 3)優先順位をつけて、軽重を考える
  • 4)肉付けしていく
  • 5)個人の経験を必ず入れる
  • 6)何度も読み返し、不要な要素は削除ではなく後部へ移動させる
  • 7)動画およびSNS埋め込み、自社制作コンテンツの埋め込み
  • 8)口コミ、レビュー系項目の挿入
  • 9)文法や語尾など調整

1)6W2Hで整理する(要素洗出・構造化)

  • WHO(誰が)・・・現役マーケターが教える
  • WHOM(誰に)・・・これからマーケティングを学ぶあなたに
  • WHAT(何を)・・・マーケティングを覚える3つのコツ
  • WHY(なぜ、何のために)・・・上達するのに苦労したからこそ教えたい
  • WHERE(どこで)・・・現場で役立つ
  • WHEN(いつ)・・・今すぐ活用できる
  • HOW(どのように)・・・オンラインで週に30分で理解できるように
  • HOW MUCH(どのくらい)・・・無料で教えます!

2)タイトルを決める

記事の中でタイトルは最重要です。5つのポイントをそれぞれ取り上げます。

1、『日付と最新』を入れる。
2、『ターゲットキーワード』を入れる。
3、『自分の見解』を入れる。
4、読んだ後の『未来像』を入れる。
5、『数字』を必ず入れる

例)【2019年9月最新】インスタ集客で成功できた3つの方法リピーター売り上げ2倍
【絶対に必要なインスタ集客】インスタグラム集客の必勝法!売上増加!

3)優先順位をつけて、軽重を考える

✔️GoogleAds(キーワードプランナー)を使う。

4)5)6)肉付けしていく、個人の経験を入れる、何度も読み返す

導入部分(記事タイトル+導入分)⇨記事本文部分(見出し1+記事の内容1、見出し2+記事の内容2、見出し3+記事の内容3)⇨まとめ部分(見出しまとめ+まとめの内容)

必ず最後はまとめましょう。最後に個人の内容(経験談など)を入れる。不要な要素も削除ではなく後部へ移動し残しておく。

7)動画およびSNS埋め込み、自社制作コンテンツの埋め込み

自社のコンテンツも重要です。ツイッターの埋め込みや動画埋め込みも利用する。

8)9)口コミ・レビューの挿入、文法や語尾の調整

レビューを残せるような項目を用意したり、レビューを挿入することもSEO対策に重要です。