ロゴ

【MUP WEEK13】Googleマップ集客MEOの徹底理解!【MEO対策】

MUPカレッジ

こんにちは。マサ筋(@masax420)です。

今回のトピックは【Googleマップ集客MEOの徹底理解】となります。

前回の【MUP WEEK12】Google集客スキルの理解【SEO対策】に続き、

今回は【マップ集客スキルMEOの取得】です。

では、さっそく本題に入りましょう!

◆まずはじめに『現在と過去のマーケティングの違い』を把握しましょう。

・過去の時代のマーケティングは、『オークション型マーケティング』と呼ばれ、高い掲載費を払えば上位に掲載されるが、掲載費を多く払えないと順位は下の方に表示される。(ホットペッパーなど)

・現在のマーケティングは、『クオリティ型マーケティング』と呼ばれ、インスタグラムなどSNSを利用した広告やグーグルのSEOやMEOです。
↪︎クオリティ型マーケティングとは・・・Googleユーザーを大事にしてくれるお店が上位に表示される。

  • SEOやMEOはお金では勝てない仕組みになっている。
  • Googleはユーザーに使われることが一番の重点的な価値に置いている。
  • Googleが独自で評価するアルゴリズムによって上位を決めている。

MEOとは?

▶︎MEO(地図エンジン最適化/ローカル検索)とは、
↪︎あなたが普段お店を探す方法が、他のお客様があなたを探す方法です。

▶︎Googleマップでは、エリアと業種で検索する人は74%がMEOという結果があります。
↪︎︎︎︎︎目的意識がはっきりしている人への集客ができる。

  • 例)原宿 カフェ、渋谷 美容院、など

ちなみに残り26%はSEOで見ています。(ホットペッパーなど)

【MEOの優先度】

1、MAP掲載(トップに入らなくても、10位いないに入ればいい)
2、比較対策(写真や口コミ、HPはしっかりしているかコンテンツが重要)
3、掲載順位

【外部施策と内部施策が重要】

▶︎3つの外部施策

①被リンクを増やし信頼されること。WEBサイトのURLがどのぐらい他のサイトに掲載されているかが重要です。

②インスタグラムではURLが貼れないですが、エリアと業種と名前のメンションをされると話題になります。

③HPアクセスを増やし、滞在時間を増やす。

▶︎2つの内部施策

①評価を多く高く受ける。(レビュー・口コミを増やす)

②日々のアップデートをする。(Googleに店舗が閉店していないことをアピールする)

1日1分の運用の継続が莫大な売り上げの差をもたらすのがMEO

  • ✔️情報を定期的に発信する。(スタッフ紹介や新作メニューなどどんなことでもOK)
  • ✔️質問や評価には丁寧に返信する。(口コミを見ている人達への印象が良くなる)
  • ✔️友人のSNSやブログでシェアを依頼する。

MEOを始める前に重要な3つの分析

1、エリア分析
↪︎対象エリアでどのようなキーワードを利用し、どれくらいの人が毎月お店を探しているかなど分析をする。

2、競合分析
↪︎競合となるお店が各キーワードで、どれくらいのMEOにて評価されているのか。さらにその掲載順位を狙えることができるのかを分析します。

3、キーワード分析
↪︎最終的に上記を踏まえてどのキーワードを狙ってMEO対策をするべきなのか分析します。