ロゴ

【MUP WEEK5】今後、起業やビジネスで成功するために重要なマインドセット

MUPカレッジ

こんにちは、マサ筋(@masax420)です。

今回のトピックは【今後、起業やビジネスで成功するために重要なマインドセット】についてです。

前回の【MUP WEEK4】継続スキルにモチベーションは必要なし!に引き続き、

今回は【マインドセット】に関する内容です。

では、さっそく本題に入りましょう!

もし今後、あたなが起業やビジネスで成功したいと考えたときに、【マインドセット】がしっかりしていないと方向性のブレが生じる可能性があります。

  • 自身のマインドセットのギャップが原因で、本来やらなければいけないことや行動が間違った方向に向かってしまっては時間の遅れとなります。

例えば、ビジネスや起業で成功をしたいと考えている人が…
さらに『社会貢献がしたい!』や『人を幸せにしたい!』と言っているとしましょう。

ただし、これからビジネスの成功のため努力をしていく過程で、上記の『社会貢献がしたい!』であったり『人を幸せにしたい!』という【マインドセット】は実際その過程で必要でしょうか?

結論は、
いま考えるべきではなく、まずは目先のキャッシュを生み出せ!”このマインドセットが本来あるべき姿です。

元ZOZO前澤社長やホリエモンこと堀江貴文さんは今となっては大規模な社会貢献もおこなっていますが、元々はそれぞれ『レコード通販会社』や『ウェブサイト制作会社』からスタートしています。
はじめは彼らも【キャッシュを生み出す】ところからスタートしているのです。

なぜこのような結論になるのか?もう少し掘り下げてみていきましょう。

【3つの所得種類】とそれぞれの効率性

まずはじめに世の中には【3つの働き方・所得の種類】があります。

  • Time is money層 (時間をお金にかえる)】=サラリーマンやアルバイト
  • Rresult is money層 (結果をお金にかえる】=フリーランスや副業
  • Knowledge is money層 (知識をお金にかえる)】=経営者や資産家・投資家

サラリーマンやアルバイトのTIM層】は、時間を対価にお金をもらうため収入に限度があり時間も労働対価のため確保しにくいです。

フリーランスや副業サラリーマンのRIM層】は、結果に対してお金をもらうため収入は個々のスキルによって青天井ですが時間もその分削られてしまいます。

経営者や資産家・投資家のKIM層】は、知識や仕組みを元に他人の力を借り会社化してお金を生み出します。そのため自分の働く時間以上に収入を増やすことができます。
投資家は、お金を他人に任せてお金を生み出すため収入も増える上に時間も有り余ります。

【TIM層】や【RIM層】のうちはキャッシュを生み出す!

3つの所得種類のうち、特に【TIM層】と【RIM層】の多くの人は冒頭の『社会貢献がしたい!』や『人を幸せにしたい!』ってことを並行に考えている人が多い特徴です。

ただし、現実的に考えると【マインドセット】を変える前に”できない”って場合が『労働時間』や『収入の限界』をみると多いです。

  • 人を幸せにする充分な時間もお金もない上で『人を幸せにしたい』は理にかなっていないのです。

逆に【KIM層】の経営者や投資家になった時に、『社会貢献』や『人を幸せにする』を考えても遅くないです。

人々を幸せにするにはまず自分が時間的・金銭的に成功することが重要です。

自分の価値を把握し上げ続ける努力をするマインドセット

今後、独立や経営者になる上で自分の今ある価値を把握し、1秒単位で価値をあげる行動をする努力マインドセットが必要です。

例えば、
今あなたは月収30万円です。
月20日勤務のため日給は1.5万円です。
1日は9時間拘束で、時給換算1,666円です。
分給は27円。秒給は0.5円です。

ここであなたは自動販売機で1円を落としたとしましょう。

この1円をあなたは拾いますか?
この答えに”拾う”であれば、あなたは自分の価値を自分で落としていることになります。

  • 1円を拾うのに3秒ぐらいはかかるので、秒給0.5円のあなたは本来3秒で1.5円稼ぐが、3秒で1円を拾ったために0.5円自分の価値を落としたことになります。

このように自分の価値を1秒単位で把握し、常に昨日の自分の価値より上げ続ける努力をするようなマインドセットが重要なのです。

自身の1秒の価値を1円でも0.1円でも上げれるような行動や言動をしないといけないのです。