CRYPTO-OTAKU VSCodeでPythonのフレームワーク【Django】の開発環境を構築 | CRYPTO-OTAKU

VSCodeでPythonのフレームワーク【Django】の開発環境を構築

プログラミング

Python言語の独学をはじめて数ヶ月の駆け出しプログラマです。備忘録としてまとめています。立場が同じ方にとって少しでも役に立てば嬉しいです。

前提として開発環境はMacとVSCodeを使用しています。

まずは、仮想環境の作成です。下記コードをターミナルに入力・実行していきます。

python3 -m venv myvenv

次に、仮想環境へ入ります

source myvenv/bin/activate

次に、requirements.txtを作成します。さらに開発に必要なパッケージを書きます。

スクリーンショット 2021-06-19 20.42.21
Django~=2.2.10
django-widget-tweaks~=1.4.8
django-allauth~=0.41.0

次に、パッケージをインストールします

pip3 install -r requirements.txt

次に、プロジェクトの作成です。
#プロジェクト名のあとに.(ドット)をつけることで、ディレクトリ直下にプロジェクトの作成できます。

django-admin startproject mysite .(プロジェクト名 .)

プロジェクトの作成ができたら、プロジェクトの中にあるsetting.pyを開きます。言語をja、時間をAsia/Tokyo に変更します。

スクリーンショット 2021-06-19 20.56.18

次に、イグレートコマンドを実行し、データベースをセットアップします

python3 manage.py migrate

次に、ランサーバーコマンドを実行し、Webサーバーを起動します

python3 manage.py runserver

実行後、表示されるurlにアクセスしてみましょう。下記の画面が表示されるとOKです。

スクリーンショット 2021-06-19 21.02.34

次に、アプリケーションを作成します。appフォルダーが表示されます。

python3 manage.py startapp app(アプリケーション名)

次に、プロジェクトの設定にアプリ名を追加する必要があります。widget_tweaksも追加します。※INSTALLED_APPS内に書き込みます。

スクリーンショット 2021-06-19 21.07.52

ここまででプロジェクトとアプリの作成・設定は完了となります。

独学ではYoutubeの解説動画を見ながらおこなっています。主に勉強させてもらっているおすすめのチャンネルは以下のチャンネルです。

フルスタックチャンネル
本堂のプログラミングVlog