ロゴ

【実録検証】「月利15%」と話題の【PGA(プランスゴールド)】へ10万円分を投機中!【運用2日目】

仮想通貨 投資

こんにちは。マサキン(@masax420)です。

こちらの記事では、「月利15%」で運用ができると話題の【プランス ゴールド アービトラージ(PGA)】へ10万円分の投機をおこなったので内容をまとめました。

  • これから「PGA(プランス ゴールド アービトラージ)」へ投機の検討をしている方に参考となる記事です。

プランスゴールド(PRANCE GOLD)とは

  • プランスゴールド(PG)のアービトラージは、プランス ゴールド ホールディングス(PRANCE GOLD HOLDINGS LIMITED)によって運営されています。プランス ゴールド(PRANCE GOLD)社は、2019年5月にセーシェル共和国(Republic of Seychelles)で設立されました。セーシェル共和国は、租税回避地(タックス ヘイブンやオフショアとも呼ばれます)のため、企業は税制的に優遇されています。これはプランス ゴールド(PRANCE GOLD)社のような若い企業も恩恵を受けることが出来るため、スタートアップには適した土壌と言えます。
  • CEOアンドレ・ジェラルド(ANDRE GERALD)の挨拶はこちら

引用:公式ページ(PRANCE GOLD HOLDINGS LIMITEDについて)

プランスゴールドのアービトラージ(PGA)の仕組み

アービトラージ」とは通常、違う取引所で生じる、価格差を利用して利益を生み出す手法を指します。安く買って、高く売るという単純な方法で、裁定取引とも呼ばれています。

  • プランス ゴールド アービトラージ(PGA)」の場合、同一取引所内で3つの通貨を経由させて通貨間の差益を得ます。これを複数の仮想通貨取引所で、並行させて行うことにより、取引の機会を飛躍的に向上させ、従来では不可能だった大きな金額を利用して、アービトラージは複数の取引所に分散させることにより可能になりました。もちろん取引所で発生する取引手数料も考慮したうえで、利益が出る組み合わせを瞬時に発見し、取引を行うことができるアルゴリズムがPGAというわけです。
  • 独自のアルゴリズム(=人口知能に用いられるPythonベース)を利用することにより、新たなアービトラージの手法で運用されています。

引用:公式ページ(PGA(Prance Gold Algorithmについて)

運用2日目の実績

現在1,000USDT(約10万円分)をPGA口座へ入金済みで、運用2日目となります。

1日に3回の配当(利益)が、入金されているのが確認できます。

  • 1回あたり配当が「約1.5ドル
  • 1日の合計配当額は「約4.5ドル」となります。
  • この調子で、1ヶ月間の配当を計算すると「約135ドル」です。
  • 単利最終利回りは「月利13.5%」の計算となります。

さらに、得た利益は10ドルごとに元本へ組み入れ、複利運用ができるのです。複利運用をすることで、より多くの配当が期待できます。

最後に

実際、まだ2日目の運用実績と日が浅いですが、このまま継続して配当が入ってくるかは注視していく必要があります。

次は、1ヶ月ほど経過したタイミングで、途中報告をしていこうと思います。

  • プランス ゴールド アービトラージ(PGA)」は紹介制のため参加希望の方はこちらから登録ください。
  • ご質問があればお問い合わせフォームからご連絡ください。