CRYPTO-OTAKU アマゾンで買える!可変式パワーブロック・ダンベル(9kg~41kg)をレビュー! | CRYPTO-OTAKU

アマゾンで買える!可変式パワーブロック・ダンベル(9kg~41kg)をレビュー!

筋トレ

前回紹介した「インクラインベンチ」とおなじタイミングで、「可変式パワーブロック・ダンベル」をアマゾンで購入したので商品レビューをしていきます。

TOP FILM 可変式ブロックダンベル90ポンド 41kg 2個セットシャフト抜き差しでワンタッチ調整amzn.to

36,800(2020年12月11日 23:06時点 詳しくはこちら)
Amazon.co.jpで購入する

同じタイプの商品でMAX重量が26kgもありますが、MAX41kgを即決で購入しました。41kgを目標に鍛えるとモチベーションが上がるのと、追加で購入するのがめんどうなためです。笑

画像1

片方41kgということもあり結構でかいです。宅配便の方にはいい迷惑ですよね。笑

重量は8段階に調整が可能

画像2

重量に関しては、キロ(kg)でお伝えしていますが、実際はポンドの表記のため、順番に最小重量が20ポンド(9kg)、30ポンド(13.6kg)、40ポンド(18kg)、50ポンド(22.7kg)、60ポンド(27kg)、70ポンド(32kg)、80ポンド(36kg)、最後に最大重量の90ポンド(41kg)となります。※1ポンド=約454gで計算しています。

重量の変更はピンを差し込むだけ

画像3

好みの重量を取り出すときに分かりやすいように色分けがされています。例えば30ポンド(13.6kg)を取り出したい時は、

画像4

上の写真のように、白の下側の穴にピンを差し込むと、その重量だけ持ち上がるような仕組みです。

画像6 画像5

このように30ポンド(13.6kg)の重量分だけ取り出すことができます。

気になる点

今日初めてこのダンベルを使ってトレーニングをしました。トレ中にピンが外れないか心配で気になっていましたが、特に外れる心配は今のところなさそうな感じです。と言うのも、ピンの押しこみ部分に磁石が入っているのと、ダンベルに負荷がかかっているとピンは重量に挟まれてロック状態になります。

画像7

最後に一つ気になる点としては、グリップ部分がゴム製でけっこうニオイがきついです。トレーニング後に手のひらがゴム臭くなるのは欠点ですね。

それ以外はコスパも良く、重量の幅も調整しやすく、本格的に家トレを考えている方にはおすすめのアイテムですね。

僕と同じようにセットでインクラインベンチも使うとジムに行く手間も省けて自宅でほとんどの上半身のトレーニングはできるでしょう。